etcカード即日発行で注意したいこと


etcカード即日発行で注意したいこと

etcカードの有用性

高速道路や有料の道路などを利用するにあたって、料金所をノンストップで通過でき、小銭などの現金を用意しなくても済むことから、etcカードは車に乗る人にとって欠かせないアイテムとなっています。料金所の手前でお金を用意して、料金所で停まり、窓を開けてお金を支払うというシステムは無駄が多く、それを変えたetcカードは画期的なシステムと言えるでしょう。etcは年々利用者を増やしつつあり、平成24年5月に国土交通省が行った調査によると、高速道路のetc使用率は全国平均で87.4%だったことが報告されています。etcカードが定着しつつあるのが分かります。

etcカードの発行会社

etcカードはクレジットカードの追加カードとして申し込むことが大多数です。そのため、etcカードの申込がクレジットカードの申込とイコールであることがほとんどです。クレジットカード1枚にetcカードが1枚となり、年会費もそれぞれのカードに対して発生します。お得に利用したいなら、おすすめはetcカードを含めてクレジットカードの年会費自体が無料なところを選ぶといいでしょう。etcカードはクレジットカードを発行する信販会社であれば、ほとんどの会社で作ることができます。JCBやVISA、ダイナースなどのブランドを選ぶことも可能ですし、またイオンカードやセゾンカードなど、店舗系のカードを選ぶこともできます。

etcカードはいつ必要なのか?

etcカードは突然必要になることが多くあります。土日の予定が急に高速道路を使って遠出の旅行になることや、遠くの親せきや知り合いが危篤になることもあるかもしれません。こういった場合に備えて、即日で発行してくれる信販会社を知っておくことは無駄ではないでしょう。とはいえ、etcカードが必要なのが明日なのか明後日なのか、また1週間ほどの余裕があるのかで選択肢は変わってきます。スピード発行だけしか考えずに、お得なキャンペーンを見逃したり、ポイントの貯まらないカードに申しこんだりするのはもったいないことです。

最速はどこか?

etcカードの発行が最短と言われているのがセゾン系のカードです。セゾンインターナショナルカードとセゾンパールカードは即日即決で入手できるカードです。審査も迅速で、安定した収入があり、過去にクレジットや消費者金融業者との間で金融事故を起こした経験がなければ、その場で発行してもらえます。ただし、セゾンのetcカードを今すぐ入手するためには、インターネットから申しこんで、即日発行してくれるセゾンのカウンターに行く必要があります。ネットの申込だけでは即日では手に入りません。いったんネットの申込サイトにアクセスして必要事項を入力して送信し、審査を待って、発行できるという連絡が来てから、カウンターへ行くことになります。

セゾン以外で早いのは?

セゾン以外でetcカードの発行が早い会社は、たとえば三菱UFJが発行しているVIASOカードやライフカードなどがあります。信販会社によっては、元々その会社の発行するクレジットカードの保有者であれば、早くなることがありますが、基本的に2〜3営業日待つことになります。もし、最短で即日ではなく、たとえば明後日などで良ければ選択の範囲はぐっと広がります。注意したいこととして、etcカードを申し込むことは、信販会社や銀行で審査を受けるということでもあります。クレジットカードに申しこめるだけの属性を持っている必要があるのです。属性というのは、その人の年収や住所、持ち家かどうかということを指しており、たとえばバイトの学生よりも正社員の方が属性がいいとされ、この属性で審査が通らないケースもあります。安定した収入のない人や、一部の自営業者、また過去に金融事故を起こして、いわゆるブラックリスト入りしている人は審査に通りません。こういった場合には、クレジット機能がなく、etcカードに特化したデポジット制のカードに申し込む以外に方法はありません。また、クレジット機能は要らないと考えている人も、このデポジット制のカードに申しこむことになります。これは発行に時間がかかります。

安い法人etcカード

法人etcカード比較